第3回G-COE研究会

「金属錯体の固体物性科学最前線—錯体化学と固体物性物理と生物物性の連携新領域創成をめざしてー」

(主催:東北大学G-COE「分子系高次構造体化学国際教育研究拠点」)

参加申し込み

参加費:1000円(お茶代:当日受付で)
1日目懇親会(会費:5000円、当日受付で)
2日目懇親会(会費:6000円、当日受付で)

参加希望者は以下の項目を記入の上、日塔絵美秘書までメールで申し込んで下さい。
メールアドレス:nitto@mail.tains.tohoku.ac.jp

a)氏名
b)所属
c)身分
d)メールアドレス
e)研究会に出席する日
f)懇親会に出席するか?(1日目と2日目をそれぞれ記入して下さい)



第3回東北大学G-COE研究会
「金属錯体の固体物性科学最前線—錯体化学と固体物性物理と生物物性の連携新領域創成をめざしてー」

(主催:東北大学G-COE「分子系高次構造体化学国際教育研究拠点」)

場所:理学部化学第4講義室(大学院講義室)

日時:2009年12月18日(金) ~ 12月20日(日)

プログラム


12月18日(金)
13:00〜13:05 山下正廣(東北大) 開会の挨拶

座長:山下正廣(東北大)
13:05〜13:25 宮坂等 (東北大)
     「D/A一次元共有結合鎖におけるN-I転移制御」
13:25〜13:45 溝口憲治(首都大)
     「DNAおよび金属イオンを導入したDNAの物性」
13:45〜14:05 大場正昭 (京大)
     「多孔性配位高分子の粒子界面におけるヨウ素の移動とスピン状態制御」
14:05〜14:25 二瓶雅之 (筑波大)
     「金属多核錯体における外場誘起分子内電子移動の発現と制御」
14:25〜14:45 三宅和正 (阪大)
     「V(TCNE)x (1.5 <x< 2)の室温強磁性の理論」

14:45〜15:05 休憩

座長:溝口憲治(首都大)
15:05〜15:25 高見澤聡(横浜市大)
     「動的単結晶ホストでみられる新しいガス分離特性」
15:25〜15:45 田所誠(東京理科大)
    「ナノポーラス分子結晶に取り込まれた水分子クラスターのダイナミクス」
15:45〜15:05 芥川智行(北大)
     「混合原子価ポリオキソメタレート化合物の材料化」
15:05〜15:25 持田智行(神戸大)
     「フェロセン系イオン液体の合成・物性・反応性」
15:25〜15:55 岩佐義宏(東北大)
     招待講演「電子伝導—イオン伝導体界面の物質科学」

15:55〜16:15 休憩

座長:岩佐義宏(東北大)
16:15〜16:35 森初果(東大)
     「電荷秩序系分子性物質の電場応答」
16:35〜16:55 田島裕之(東大)
     「伝導性フタロシアニン塩の磁性」
16:55〜17:15 中澤康浩(阪大)
     「分子性化合物の微小結晶・高圧下熱測定」
17:15〜17:35 西川浩之(茨城大)
     「レドックス能を有する配位子からなる金属錯体の磁性と伝導性」
17:35〜17:55 加藤恵一(東北大)
     「Tb(III)—フタロシアニン積層型単分子磁石の性質」

18:10〜20:00 懇親会(東北大AOSIS)

12月19日(土)
座長:杉本学(熊大)
9:30〜9:50   満身稔(兵庫県立大)
     「一次元ロジウムージオキソレン錯体の構造と物性」
9:50〜10:10  松本和子(東京化成工業)
     「アミド架橋白金およびその他の遷移金属の鎖状錯体
10:10〜10:30  黒田新一(名大)
     「高分子トランジスタ中のキャリアの電荷・スピン状態」
10:30〜10:50  北川宏(京大)
     「錯体プロトニクス」
10:50〜11:10  岡本博 (東大)
     「過渡吸収分光で探る有機半導体の光キャリアダイナミクス」

11:10〜11:30 休憩

座長:黒田新一(名大)
11:30〜12:00 三谷忠興(北陸先端大)
     招待講演「錯体結晶にみる生体機能—輸送現象に着目してー」
12:00〜12:20 舩橋靖博(名工大)
     「生体金属機能を導く蛋白質配位環境の見えないエッセンス」
12:20〜12:40 遠山貴己(京大)
     「Fe2S2クラスターの電子状態と磁性」

12:40〜13:40 昼食

座長:田所誠(東京理科大)
13:40〜14:20 菅原正(東大)
     特別講演「自発運動、自己生産、可塑性を示す分子システム」
14:10〜14:30 小林由佳(早大)
     「プロトンドープ型有機伝導体のキャリア発生機構と物性」
14:30〜14:50 杉本学(熊大)
     「Graphitic Carbon Nitrideの構造・物性制御に関する理論予測」
14:50〜15:10 阿波賀邦夫(名大)
     「有機強構造薄膜の光電気物性」

15:10〜15:30 休憩

座長:西川浩之(茨城大)
15:30〜15:50 大胡恵樹(東邦大)
     「環境刺激応答によるヘムの電子状態制御」
15:50〜16:10 速水真也(熊大)
     「柔軟性金属錯体の準安定状態のトラッピング」
16:10〜16:40 大越慎一
     招待講演「磁気化学を基盤とした新奇な磁性現象および磁性物質の創出」
16:40〜17:00 守友浩(筑波大)
     「シアノ錯体接合と機能化」

17:00〜17:15 休憩

座長:速水真也(熊大)
17:15〜17:35 大久保貴史(近畿大)
     「混合原子価配位高分子の構造とインピーダンス特性」
17:35〜17:55 志賀拓也(東北大)
     「量子磁性を示す多核錯体の新機軸 : 量子性と機能性」
17:55〜18:15 米田忠弘(東北大)
     「単一分子磁石について原子空間分解能で見るスピン状態測定と操作」

19:00〜21:00 懇親会(こちらマル特漁業部)

12月20日(日)
座長:大久保貴史(近畿大)
9:30〜10:00   小島憲道(東大)
      招待講演「鉄混合原子価錯体(CnH2n+1)4N[Fe(II)Fe(III)(mto)3]  
      (mto=C2O3S)における速いスピン平衡と原子価揺動の協奏現象と
      磁気特性」
10:00〜10:20  小林昭子(日大)
      「新しい単一分子性磁性伝導体[Cu(tmdt)2 ]−Multi-frontier π-d 系」
10:20〜10:40  竹谷純一(阪大)
      「塗布再結晶した有機単結晶の高移動度トランジスタ」
10:40〜11:00  米満賢治(分子研)
      「電荷秩序絶縁体から金属への光誘起相転移:フラストレーション
       や格子歪みに敏感なダイナミクス」

11:00〜11:20 休憩

座長:小島憲道(東大)11:10〜11:30  
11:30〜11:50  長谷川美貴
      「ランタニド錯体超薄膜の偏光発光」
11:50〜12:10  野尻浩之(東北大)
      「RE-3D系のESRによる交換相互作用評価」
12:10〜12:30  福村知昭(東北大)
      「透明酸化物スピントロニクス」
12:30〜13:00 加藤礼三(理研)
     招待講演「HOMO-LUMO交叉系分子性導体の新奇電子相
     
13:00〜   福山秀敏(理科大)

      「総括」

 

連絡先
山下正廣
東北大学大学院理学研究科化学専攻
e-mail: yamasita@agnus.chem.tohoku.ac.jp
Tel: 022-795-6544


戻る